【クリスマスにも使える】タジン鍋を使ったタンドリーチキン、バーニャカウダなど簡単レシピ: iPhoneらいふ

トップページ >料理レシピまとめ> 【クリスマスにも使える】タジン鍋を使ったタンドリーチキン、バーニャカウダなど簡単レシピ

【クリスマスにも使える】タジン鍋を使ったタンドリーチキン、バーニャカウダなど簡単レシピ

朝は蒸し野菜を食べたこばやん(@kobayan0506)です。

僕は家で自分のためだけに、料理を作るのが好きではありません。

ただ、そうはいっても外食やコンビニ弁当だけというのは栄養が偏るし、いまダイエット中の僕にとっても良い影響はありません。

ただ、そんなズボラな僕でも短時間でごちそうを作れる道具がタジン鍋です。

野菜やソーセージ、豆腐、味付けした肉や魚を鍋に並べ、水をコップの半量ほど入れたら蓋をして火にかけるだけ。

これだけで立派なおかずの完成です。

味付けは蒸し上がったあとにポン酢やしゃぶしゃぶ用のタレをかけても良いし、鶏肉や魚の場合カレー風味の味付けにするとタンドリーチキン風の味付けにもできます。


並べた状態で蒸し上がるから、彩りの良い野菜を並べてあげると、クリスマスや誕生日など、ごちそうが並ぶテーブルに野菜でも負けない存在感を出す事ができます。


タンドリーチキン風の味付け

鶏肉(豚肉・ラム・白身魚でもOK)  200g
A
カレー粉   小さじ2
はちみつ   小さじ1
しょうゆ   小さじ1
酒   小さじ1
おろしにんにく   小さじ1/2

味付けしたい肉(or魚)をビニール袋で味付けし、15分ほど放置、その間に野菜をタジン鍋に並べる。

フライパンにオリーブオイルをひき、強火で味付けした肉の表面に焼き色をつける。(肉や魚は半生でもOK)

野菜の上に焼き汁ごとのせて、タジン鍋に水をコップの半量ほど入れたら、蓋をして火にかけるだけ。

タジン鍋で蒸されるから、あえて半生で肉汁が出る状態で野菜の上にのせれると、火が通る時にひくじるが野菜にしみ込むから美味いですw


朝食にもタジン鍋はおすすめ

ソーセージと冷蔵庫の余り物野菜を入れ、火にかけて、ケチャップとマヨネーズを半量ずつ混ぜたオーロラソースをつけて食べるのがおすすめ。

火にかけている間に、トーストを焼いたり、コーヒーを入れるなどしていれば10分ほどの加熱で火が通ります。


タジン鍋は、見た目以上に簡単に豪華な料理が作れて、蒸すから栄養も逃げない一石二鳥以上の優れものです。

そんなに高価なものじゃないので、ぜひご家庭に一個置いておきましょう。


 
 

記事がお役に立ちましたらシェアしていただけると嬉しいです。 follow us in feedly feedlyでフォロー登録する Poketであとで読む

【クリスマスにも使える】タジン鍋を使ったタンドリーチキン、バーニャカウダなど簡単レシピと同じカテゴリーの記事