MovableType記事投稿の時に同時にTwitterに投稿するプラグインの図解入り導入方法: iPhoneらいふ

トップページ >MTOS> MovableType記事投稿の時に同時にTwitterに投稿するプラグインの図解入り導入方法

MovableType記事投稿の時に同時にTwitterに投稿するプラグインの図解入り導入方法

6月の千歳JAL国際マラソンのハーフにエントリーしたこばやん(@kobayan0506)です。

2013年は基礎ばかり作っていたので、2014年は仕事も身体的にも攻めの姿勢で行こうと思っています。

僕は主にMTでのサイト作成が多いのですが、更新型のサイトも多く専用のTwitterアカウントへ記事更新情報を記事更新の時に同時に投稿できないかなぁ思い検索したところ良さげなMovableTypeのプラグインを発見しました。(MTOSでも問題なく使えます)

まず作成元のサイトでダウンロード。


MovableType用PostTweetプラグイン v1.1.6

Zip形式のファイルをダウンロードし、解凍し開きます。

中には2つファイルが入っていますが、"plugins"の方の中身のみサーバーにアップしていきます。

MovableType(MTOS)のシステムをアップしているフォルダ内に"plugins"というフォルダがあるので、その中に"PostTweet"フォルダをアップロードします。

Twemy 13

MovableType(MTOS)の管理画面を開くとアップグレードの画面が開きます。

アップグレードが終わったら、管理画面ツール→プラグインを開くとPostTweetというプラグインが追加されています(2014年2月時点ではVer1.1.6)

PostTweetの設定画面を開き、OAuthによる認証をクリックします。

MovableType記事投稿の時に同時にTwitterに投稿

PIN番号を取得するをクリックします。

Twitterにログインしていると、連携アプリの追加の確認になります。

Twemy 2

その後このようなPIN番号が表示されます。

MTの管理画面に戻り、PIN番号を入力します。

僕は投稿のタイミングは最初の公開時のみにしていますが、この辺はお好みで大丈夫です。(大事なのはTwitterからもらうPIN番号です。)

MovableType記事投稿の時に同時にTwitterに投稿

変更を保存すると、Twitterへの同時投稿の設定は終了です。


ブログの記事管理画面にこのような欄が追加されていると思います。

MovableType記事投稿の時に同時にTwitterに投稿

最初のみややこしい設定が必要ですが、一度設定すればあとは自動的にTwitterへの投稿が可能なので必要に応じて導入してみてください。

記事がお役に立ちましたらシェアしていただけると嬉しいです。 follow us in feedly feedlyでフォロー登録する Poketであとで読む

MovableType記事投稿の時に同時にTwitterに投稿するプラグインの図解入り導入方法と同じカテゴリーの記事