【クリスタルアーマー0.33mm】iPhoneにガラスフィルムを使う4つのメリット: iPhoneらいふ

トップページ >iPhone活用法> 【クリスタルアーマー0.33mm】iPhoneにガラスフィルムを使う4つのメリット

【クリスタルアーマー0.33mm】iPhoneにガラスフィルムを使う4つのメリット

iPhoneらいふなのにiPhoneの記事が少なめという事に先ほど気がついたこばやん(@kobayan0506)です。

実は最近、iPhoneの画面が割れたという人が続出して修理代がかなりかかったという話を聞きました(iPhone5の修理交換代金20,801円、iPhone4S修理交換代金17,800円)

そんな不幸な目に遭う前に、最近商品の種類も増えてきたガラスフィルムを導入しました。

今回僕が購入したのが、"【API-CAR004】 クリスタルアーマー 0.33mm ラウンドエッジ強化ガラス 液晶保護"です。

通常のフィルムよりも少々高めの2980円で購入しました。

中にはガラスフィルム、液晶を拭く布が入っています。

僕の場合、元々気泡が入らないフィルムをつけていたんですが、それを取り外し、表面を綺麗に拭きます。

ガラスの薄さはこれくらい、ふちが丸く加工されているので、ちょっとくらいぶつかったくらいじゃ、欠けない加工になっています。

気泡は入らないのかな?と不安でしたが、ビニール製のものと違いシワになったりせず、iPhoneのガラス面と、液晶保護のガラス面が綺麗にフィットするので載せるだけで綺麗に貼付けられたので貼るのは非常に簡単です。

元々アルミボタンもつけていて少し凹凸もあったんですが、ガラスフィルムの厚みとマッチして完全に平らな状態になっています。

周りを囲む感じのバンパータイプのiPhoneのケースをつけても、問題なく使えます。

タッチ反応も悪くなるという事もないし、何より保護フィルムと違い表面が滑らかなのが嬉しいポイントです。

クリスタルアーマー0.33mmを3週間使ってみて・・・

今はアルミバンパーと併用していますが、大きな傷もなくバンパーも問題なく使えています。

これで間違ってiPhone落としても安心ですね(落とすつもりがないですが 笑)

記事がお役に立ちましたらシェアしていただけると嬉しいです。 follow us in feedly feedlyでフォロー登録する Poketであとで読む

【クリスタルアーマー0.33mm】iPhoneにガラスフィルムを使う4つのメリットと同じカテゴリーの記事