Macアプリ: iPhoneらいふ

Macの文字コードエラーの味方!大量のファイルを一括で変換してくれるMultiTextConverterが便利で頭が下がります

記事がお役に立ちましたらシェアしていただけると嬉しいです。

ども、こばやん(@kobayan0506)です。

サイトを作る作業でWindowsとMacでファイルを行き来することがあるんですが、意外に苦戦するのが文字コード(改行コード)の整合性がとれていないこと。

Windowsで作ったファイルをサーバーに上げたらShift-JISで作られていて、HTML5サイトのUTF8でも文字化けしまくってる(笑)

1個、2個のファイルなら笑えますが、100個、1,000個単位のファイルならShift-JISで生成されるツールを作ったSEに怒りすら湧いてきます。

ただ、そんな時に役立つのがShift-JISでMultiTextConverterという無料のMacアプリです。

Macの文字コードエラーの味方!大量のファイルを一括で変換してくれるMultiTextConverterが便利で頭が下がりますの続きを読む

【図解入り】Movable Type(MTOS)にMarsEditを初期設定する際の3つの注意点

記事がお役に立ちましたらシェアしていただけると嬉しいです。

Macに待望のエディタを導入し、ウキウキしながら記事を書いているこばやん(@kobayan0506)です。

導入したのはMac版ブログエディタとして評判の良いMarsEdit、僕の場合Movable Type(MTOS)で使用しています(この記事もMarsEditで書いていますw)

ただ、MarsEditをMovable Type(MTOS)に導入するのに、何度もエラーが出たため、その解決方法を自分用のメモも兼ねてまとめておきます。

【図解入り】Movable Type(MTOS)にMarsEditを初期設定する際の3つの注意点の続きを読む

iPhotoで画像のリサイズをする方法

記事がお役に立ちましたらシェアしていただけると嬉しいです。

iPhotoで画像のリサイズができるというのはあまりメジャーじゃないかもしれません。ブログなどに画像をアップするときに、画像のリサイズができないからWindowsのペイントを立ち上げるという方もいるそうです。

WindowsからMacへ移行すると、意外に面倒なのがデジカメで撮った写真などの画像サイズの変更に困るということです。Windowsだとペイントというソフトがあって、画像のリサイズにもなれているという人が多いはずです。

Macではこのペイントの機能や役割を持つのが、iPhotoです。

iPhotoで画像をリサイズするには、"ファイル"→"書き出す"を選択。

サイズをフルサイズではなく、大、中、小から選んでサイズを変更します。

小 : 320 px  中 : 640 px  大 : 1280 px

ブログなどに画像をアップするときにも、この方法ならスムーズにブログへアップできます。

Macで使えるフリーのFTPソフト

記事がお役に立ちましたらシェアしていただけると嬉しいです。

Macで無料で使えるFTPアプリはCyberduck、FileZillaやFireFTPなどありますが、僕のおすすめはFileZillaです。

FileZillaのダウンロードはこちらから

FileZillaはWindowsでも動作し、Macでも使えるためWindowsからMacへ乗り換えるというときはスムーズに操作することができます。

Cyberduckを使うという方も多いですが、FileZillaはCyberduckよりも動作が軽く、Cyberduckでは表示されない.htaccessなど不可視ファイルも見えるため、アクセス制限やパスワード制限をかけるページを作るという方にはおすすめです。

WindowsからMacへ乗り換える時は、サーバーのID、Passなども忘れがちなのでFileZillaを共有して使う場合はこの方法でも元のパソコンの情報を確認することができます。